CURRICULUM

カリキュラム詳細(アドバンスコース・その他)

コーチング実践
内容手法/目的
01:オリエンテーション
設立趣旨
FBC実践プログラム
コーチングコース基礎
ICFについて
ICFの倫理規定
レクチャー

コーチングプラットフォームを知ってもらう

ICFの沿革と倫理規定を知る
02:コーチングの歴史
他のスキルとの比較
レクチャー
歴史を学び、カウンセリングやティーチングとの違いを学ぶ
03:コーチングの原則と構造
コーチの原則とセットアップ(COACHステート)
レクチャー・グループワーク
コーチの在り方を学ぶ
04:効果的なコミュニケーション1
積極的傾聴
レクチャー・エクササイズ
多様な聴き方を学ぶ
05:関係性を共に築く1
ノンバーバルメッセージの重要性
レクチャー・エクササイズ
ノンバーバルが相手に与える影響を知る
06:関係性を共に築く2
ジョハリの窓とフィードバック
レクチャー・エクササイズ
その人の行動と意図が一致するようにフィードバックを活用する
07:関係性を共に築く3
承認(3つの承認、承認の使い方)

ニューロロジカルレベル
レクチャー・エクササイズ
相手の存在を認めて信頼関係を深めるための手法を学ぶ

ニューロロジカルレベルを基に承認のレパートリーを広げる
08:効果的なコミュニケーション2
コーチングサイクル(GROWモデル)
質問(質問の種類、GROWモデルの質問)
レクチャー・エクササイズ
目標・目的を明確にする
目標・目的を明確にするための質問の仕方を学ぶ
09:行動のデザイン1
コーチングロールプレイ
質問(質問の種類、GROWモデルの質問)
コーチングセッションの実践を通してコーチングサイクルを回すこと、フィードバックすることを学ぶ
コーチによるロールプレイへのオブザーブ&フィードバック(フィードバックシート使用)1組実施
10:宿題
計画とゴール設定1
質問(質問の種類、GROWモデルの質問)


2ヶ月間の目標とアクションプランの作成と実行
3人1組で実践(セッション10分+フィードバック5分を3回 全体振り返り 15分)
全体60分 2回実施
コーチ、クライアント、オブザーバを相互に体験し、学びを定着させる
倫理規程コース
概要「倫理規定コース」はコーチングプラットフォーム受講歴のない方にも受講頂けます。2016年より、ICF資格更新のためには「倫理規定3時間」が必須となっています。この機会を是非ご活用ください。(倫理規定を、米国ICFのサイトから英語で受講する場合、無料で受講可能です。)
内容ICFの倫理規定の理解を深めます。
資格更新の倫理規定の学習証明書(3H)を発行する研修です。
この部分は一般公開となります。
ICF学習証明書についてお申込みの際にご希望された場合、「資格更新用」の学習証明書を発行します。(ACSTH認定プログラム)
ICF受講証明書についてお申込みの際にご希望された場合、「資格申請用」の受講証明書を発行します。
但し、コーチングプラットフォーム全体でのACSTH受講時間が30時間以上の場合に限ります。(ICF規定により)
自己基盤合宿
概要「コーチング」を支えるベースとなるパーソナルファウンデーション(自己基盤)について、宿泊を伴う3日間の中でじっくりと扱っていく機会をご提供いたします。
ファンデーションを実際に個人に向けて扱って行く為には、それを扱える環境が大変重要になります。
ある程度の時間と知識と経験、支える側のスタッフや進行役にも、知識、信頼関係を構築する能力、伝える能力、自分と向き合う経験、そしてお互いに学び合うスタンスが必要となってきます。
その為の環境を設定することは、実は大変難しいことだと実感しています。
しかし、ここコーチングプラットフォームの提供するプログラムにおいては、そのリスクも抱えながら、常に参加者の方々と共に挑戦し続けていきたいと思っています。
コーチングプラットフォームにおける自己基盤強化合宿は、そんな思いを背景に実施して行きます。

自分自身の思考・行動・感情の傾向を認識して、「強み」として活かしていくその過程(プロセス)においても自己基盤を強化していくことで、折角持っている強力なツールをツールとして使っていきたいものです。
逆に、空回りしてしまったり、同じ問題が2度・3度続いて起こってきたり、人と衝突したり、上手くいかないスパイラルをより効率的・効果的なアプローチへと変換して、選択していけたら、どうでしょうか?

これからのご自身の角度がここを起点にして少しづつ変化していく可能性があります。
上手くいかないから何かをするのではなく、自分や人や組織を上手く活かす為にその土台を学ぶ機会を作ります。
自分の可能性を拓き、人の可能性を信頼し、見出してていくそのベースには何が大切なのでしょうか?それを紐解くプロセスにご一緒して、体験してみませんか?
このプログラムは、円滑に進める為の進行役(ファシリテーター)が存在し、環境を支えるアシスタントも含めて、全員がお互いに学ぶ存在です。
自己基盤強化のテーマを縦軸とし、横軸には参加者お一人お一人のテーマや目的を重視し、出来るだけ大切に扱えるように、一方的なレクチャーだけでなく、数多くのエクササイズとシェア(分かち合う)場を用意しています。
ICF学習証明書についてお申込みの際にご希望された場合、「資格更新用」の学習証明書を発行します。(ACSTH認定プログラム)
ICF受講証明書についてお申込みの際にご希望された場合、「資格申請用」の受講証明書を発行します。
但し、コーチングプラットフォーム全体でのACSTH受講時間が30時間以上の場合に限ります。(ICF規定により)
鼎(KANAE)
概要「鼎」見慣れない漢字だと思います。「かなえ」と読みます。
鼎は古代中国の器。3本足で鍋型の胴体を支え、祭事に用いられました。
 鼎談(ていだん):3人で会談すること
 鼎立(ていりつ):3つの勢力が並び立つ状態のこと
などの熟語にも使われている漢字です。

【ファウンデーションベースドコーチング】受講者の皆さんには慣れ親しんだ「宿題セッション」を、受講終了後にも受けたいという声にお応えすべく「コーチングセッション鼎~KANAE~」をスタート致します。

内容は「宿題セッション」同様、受講生2人にコーチが1人つきコーチングセッションとフィードバックを3回繰り返します。

「コーチングセッション鼎~KANAE~」は短期間であなたのコーチングスキルアップをKANAEます。
サービス概要
  • 【ファウンデーションベースドコーチング】受講歴のある方限定のサービスです。
      必ず受講生2人一組でお申込下さい。
  • コーチはアシスタントまたはアシスタントリーダーの中から、第三希望までお選び下さい。
      お選び頂いた3人のコーチの中から、コーチの都合により決定致します。
  • 月1回1時間、2ヶ月(=2回)限定。スカイプ等オンラインのグループ通話で行います。
      (延長希望の場合、個別にコーチと交渉してください)
  • 料金(税別)
     1)コーチがアシスタントリーダーの場合
      受講者1人あたり1万円(2ヶ月分)をお振込下さい。
     2)コーチがアシスタントの場合
      受講者1人あたり6千円(2ヶ月分)をお振込下さい。
  • 日程調整等はコーチ決定後に3人で行って下さい。
その他注意点ICFの継続学習単位は発行致しません。
アシスタントトレーニング
内容手法/目的
01:アシスタント⼊⾨ ⼼得、在り⽅、アシスタントのスタンス、アシスタントの存在意義
どのような目的でアシスタントに参加しているか⾃分の参加の⽬的の明確化
相⼿の参加の⽬的を引き出すスキルに変える
コミグルを回す
02:セッション祭り セッション実践を繰り返し、講師、メンバーから数多くのフィードバックをもらいながらコーチングのスキルアップを目指します。
多くのメンバーのセッションのオブザーブを通して、自分のコーチングのスキルアップを目指します。
03:フィードバック 多くのメンバーへのフィードバックを重ねることで、フィードバック力の向上を目指します。
多くのメンバーのコーチングセッション、フィードバックをオブザーブしながら自分自身のコーチング、フィードバック力を向上させます。
04:フィードバックのフィードバック セッションへのフィードバックに対して講師、メンバーからフィードバックをもらいながらフィードバック力の向上を目指します。
多くのメンバーのコーチング、フィードバックへのフィードバックをオブザーブしながら、コーチング、フィードバック力の向上を目ざします。
05:体験談を話す コミグルや講座の中での体験談を参加者に届く体験談へとブラッシュアップさせます。
自分の体験談が相手にどのように伝わるのかを講師、メンバーからフィードバックをもらいながらブラッシュアップします。
06:ボードメンバーによるフォローアップ アシスタントトレーニングのブラッシュアップをボードメンバー 主体で進め、実践力を磨きます。